土と触れ合う

| コメント(0) | トラックバック(0)
東京で暮らしていると土と触れ合う機会というのはほとんどありません。
道路は完全に舗装されていますし、学校のグラウンドでさえ人工芝や樹脂でコーティングされていることがほとんどです。
地方で暮らしていると、周りは田んぼだらけで、子供たちはそんな環境の中、泥だらけになって遊んでいます。
アレルギーやアトピーの増加は一説には清潔すぎる環境で育つために、免疫力が弱くなってしまったことが理由だとも言われています。
そういった物理的側面以外にも、土や風の匂いを感じながら育つのは、感受性を育てることに大きく役立っているのではないでしょうか。
便利さを優先するあまりに、生きる上で大切なものを切り捨ててはいけないと思うのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://metafuturing.com/mt-tb.cgi/13

コメントする

このブログ記事について

このページは、petsoundsが2014年5月13日 14:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「冷え症に逆効果なこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。